「悪魔のハンマー 下巻」 ラリィ・ニーヴン&ジェリー・パーネル

| コメント(0) | トラックバック(0)
ハヤカワ文庫SF★★★

かなり好きで、もう5~6回は読み直している。寝る前の数十分、適当にページを開いてパラパラと読む。ニーブン&パーネルのコンビはけっこうひどい代物も多いが、この本などは成功例ではないだろうか。

久しぶりに再読してみると、ハンマー落下から後を描いた部分は案外少ないことに気がつく。記憶の中では上巻の途中くらいで落下したような印象なのだが。落下後のサバイバル部分が、ページ数の割には濃密に描かれているということなのかも知れない。

昨夜はジェリソン牧場の夏が終わりかけたあたり。帰還した宇宙飛行士とヒロイン(かな?)が再開したところで眠くなってしまった。無関係だが、寝る前の本としては岳宏一郎 の「群雲、関ヶ原へ」(新潮文庫)もいい。岳という作家、天才的と思うのだが、残念なことに寡作。というより、世に出るのがあまりに遅すぎた。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/727

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2002年9月27日 16:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「それにしても よくしゃべる」です。

次のブログ記事は「「向田邦子の遺言」 向田和子」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて