「向田邦子の遺言」 向田和子

| コメント(0) | トラックバック(0)
文藝春秋社 ★

休日の朝、ちょっと早めに起きたら誰もいないテーブルの上に置いてあったもの。多分、妻が図書館から借りたものだろう。一人でコーヒーをいれて、テーブルに足をのせて、40分ほどでザッと読む。それなりに面白かった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/725

コメントする

アーカイブ