「いつの日か還る」 中村彰彦

| コメント(0) | トラックバック(0)
実業之日本社 ★★


itsunohi.jpg新選組伍長・島田魁を描いた小説。島田という隊士、これを読むまで知らなかったが、それなりにファンも持っているらしい。もちろん沖田とか土方には及ばないようだけど。

で、相撲取りと見紛うような巨躯と槍刀の腕前、誠実さ(あるいは小回りの効かない体質)を持った男が時代に翻弄されながら生き続けた後半生・・とでもいうことになるのかな。それなりには面白かった。

作者の中村彰彦という人、もしかしたらと気がついて調べたら、やっぱり「名君の碑」の書き手だった。こっちは秀忠の庶子・保科正之が主人公。確かそんなに悪くはないのに、読んでいるうちにだんだん不満が嵩じた記憶がある。何故だろう・・と考えたが、主人公が人間くさくないからかな。誠実過ぎる。あるいは、きれいごと過ぎる。嘘っぽい。

島田魁という人、近藤勇とは何度もケンカしている永倉新八の仲間で五稜郭まで従軍。御一新の後も改名・変名をせず、本名のままで一生を終えた。島田魁日記を書いた。土方の戒名と隊旗を大事にしていた。晩年、大官となっていた榎本武揚からの「会って話でもしたいから来い」との誘いを、にべもなく断った。

けっこう惹かれるキャラクターなんだけど、この島田魁は最後まで付き合った土方にはどういう思いを抱いていたんだろう。好きだったのか、嫌いだったのか、嫌いだけど好きだったのか・・・。その辺が小説ではスッキリしないのが残念。

いろいろ不満は残ったが、読み終えてから黒鉄ヒロシの「新選組」(PHP文庫)まで引っ張り出して再読してしまったんだから、ま、いい本だったのでしょう。

話は違うけど、私の使っているFEPでは変換しても新組しか出てこない。こだわってるのかな。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/698

コメントする

アーカイブ