「理想の国語教科書」 斎藤孝 

| コメント(0) | トラックバック(0)
文芸春秋 ★★


risounokokugo.jpgg斎藤孝というのは、例の「声に出して読みたい日本語」の著者です。

妻が借りてきたので、サラッと読みました。活字も大きく、サラッと読もうとすれば可能なボリュウムです。中身はよくあるパターンで、いろいろな名作の一部分を抽出、それをどう読むべきか・・とでもいうべき、国語読本、教科書読本のようなものですね。「小学3年生から、全世代がくり返し味わいたい「すごみ」のある名文」「最高レベルの日本語に出会おう」というわけです。

妻はここに掲載されていた中島敦の「名人伝(抄)」を始めて読んだらしく、面白がっていました。(これを読んだ子供たちも、あれだけ難漢字の多い文章なのにかなり興味を持つそうです)。で、肝心の解説の方は特に面白いとかユニークとかいうような印象はなく、かといって面白くないというほどのものでもなく、ま、そこそこ。でも抵抗なくスラスラ読ませるんだから、やっぱり斎藤孝という人、うまいんでしょう。

うーん、中島敦をまた読みたくなった。「李陵」や「山月記」なんかは時々あるけど、「悟浄歎異」あたりになると探すのが大変だなー。

追記
青空文庫で発見。エキスパンドブック版をダウンロードしてみたけど、けっこういいですね。読みやすい。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/690

コメントする

アーカイブ