「どすこい(仮)」 京極夏彦 

| コメント(0) | トラックバック(0)
集英社 ★★


dosukoi.jpg深夜、どすどすと異様な地響きが江戸八百八町にとどろきわたり・・・と始まって、最後もまた怪音で終了。全編これぶくぶく肥満のアンコ力士たちと呪いとこじつけがましい解明、破天荒ミステリーが相撲取りならぬ尻取りふうに連綿と続きます。キーワードは「肥満」

京極夏彦の本、読むのはこれが最初。最初というのは不幸な巡り合いだったかな。それとも他の本も同じようなものなんだろうか。

完全に遊びまくった連鎖短編集ではありますが、文章は達者なひとですね。あまりと言えばあんまりな・・と思いつつ、結局最後まで読んでしまいました。京極夏彦の他の本を見つけたら、はて読むかどうかは微妙。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/678

コメントする

アーカイブ