「秀吉 夢を超えた男 上中下」 堺屋太一 

| コメント(0) | トラックバック(0)
文藝春秋 ★★


sakaiya-hide.jpgま、よくも悪しくも堺屋太一の太閤記です。

それなりに3巻を読了はしましたが、さして感銘もなし。といって後悔するほどでもなし。

若い頃の浮浪仲間「がんまく」という男。同じような環境から生長した二人が、ひとりは太閤になり、ひとりは世直し運動家の石川五右衛門になるというのが新しい解釈ですが、でもねー。

「夢を越える」というのは、先達だった信長を追い越してしまったという意味です。信長が目標だったうちは簡単でよかったけど、信長の夢を越えてしまったところで指針がなくなる。あとは迷える男・秀吉の混迷というわけです。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/667

コメントする

アーカイブ