「めぞん一刻」 高橋留美子 

| コメント(0) | トラックバック(0)
小学館 ★★★


maison.jpg5巻までしか買ってなかったはずのシリーズが何故か11巻まで増えていることを、先日発見。どこかにしまいこんであったのかなーと不思議だったが、どうも子供が買い足したらしい。

ま、いずれにしても嬉しいことで、それからは寝る前に一冊ずつ読み進み、ついに終了。たしか15~16巻までは出ているらしいが、機会があったたらまた手に入るでしょう。

6~11巻でけっこう謎が解けました。

まず2号室。二階堂なる意地っ張り少年が入室しました。それから積極女子高生・八神が登場しました。元華族の九条令嬢も参加。このキャラクターって「うる星やつら」の純粋培養お嬢様と同鋳型ですよね。水乃小路飛鳥だったっけか。

女子高の雰囲気を描かせたら高橋留美子は最高ですね。上手というより(上手なのは当然!)女子校のポイントを知っているというべきかな。 美化しない。五代の教育実習指導にあたった仏様みたいな教師には笑ってしまった。確か高橋さん本人も、高校大学と女だけの環境で過ごしてきた人ですよね。

追記
11巻でお終いかと思ったら、残りも棚の後ろに隠れていた。そりゃそうだよな。危なかった。

で、12巻以降を現在読みふけり中。九条令嬢いい味出してますねー。水乃小路とはちょっと違うイメージでした。三鷹も犬アレルギーを克服。いい男です。巻が進むにつれて好きになってくる。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/631

コメントする

アーカイブ