「徳川慶喜の子供部屋」 榊原喜佐子 

| コメント(0) | トラックバック(0)
角川書店 ★★★


keikinokodomo.jpg本棚から発見。ときどき気が向くと読んでいる。

著者は十五代将軍徳川慶喜の孫です。長じて高田榊原家(子爵?)に嫁したので榊原喜佐子。孫といっても下のほうで、したがって祖父慶喜の思い出はなし。要するに第六天町(今の文京区春日のあたりらしい)にあった公爵家での少女時代の思い出です。

著者は「広いけれども質素な作りで」と書いていますが、さすがに広大な屋敷です。見取り図もついています。ひたすら部屋数が多く、執事やら女中やらなんやら数十人が暮らしていたようですね。戦前の華族の生活、それも子供の目からみた暮らしが興味深いです

ただ、彼らととって代わりたいとは思いません。実に制約の多い生活。高貴なお方たちは窮屈な暮らしを強いられていたようです。そうそう、文章は何といいますか、品の感じられる実にいい文章です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/620

コメントする

アーカイブ