「豪姫」 富士正晴

| コメント(0) | トラックバック(0)

六興出版 ★★

 

gouhime.jpg新潮社からも出ているらしい。これは六興出版の版。

豪姫ってのは、例の前田利家の娘で秀吉の養女になった女性です。宇喜多秀家に嫁した人ですね。八郎秀家は関ケ原の後、八丈だったか、どこかの孤島へ流されて、けっこう長生きしたはずですが、豪姫は実家である金沢に戻ったらしい。はばかりのある出戻りですから、たぶん、あんまり幸せな老後にはならなかったでしょうね。どこかで髪をおろしたか。

で、作者は富士正晴。すんなりストーリーを作る人じゃありません。

この本の主要登場人物は、まずお転婆娘の豪姫。大名茶人としても知られる古田織部(織部焼ですな)、織部の下人、ウス。脇役としては会津配転が決まってうっくつしている蒲生氏郷。こすっからい天下人・秀吉。高山右近の家臣だったらしいが今は山に暮らす老人・ジュンサイ。

なんだかわからんけど、けっこう面白い本でした。なんだかんだ言いながら、織部は意地はって破滅の道を歩む。戦場の討ち死にがかなわなかったジュンサイ老人は、買い取った女と交合の限りを尽くして腹上死しようともくろむ。山で平穏に暮らしたいと願っていたはずのウスは、中年を過ぎてまた豪姫に出会ってしまう。実はウス、若いころに豪姫様と一夜の契りを結んだ(というようなロマンチックな話でもないんですが)ことがあり・・・。

ま、読んで見てください。後味は悪くないです。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/576

コメントする

アーカイブ