「エアフレーム」マイクル・クライトン

| コメント(0) | トラックバック(0)

早川書房 ★★

 

airframe.jpgなんか読んでなかったような気がして借り出し。もちろん既読でしたが、でもストーリーを覚えてなかったから、ま、いいか。

ようするに「航空機製造」と「マスコミの本質的発想・手法」についての面白解説本ですね。このへんはアーサー・ヘイリーなんかとよく似ています。ただヘイリーと違うのは随所にコンピュータふうの略語データが羅列されることでしょうか。

最初に読んだクライトン本、えーと、アンドロメダ症候群かな。なんとなく雰囲気が同じ。あの本も謎の展開に解けそうで解けないもどかしさがあり、やたら報告書の形で無機質なデータが羅列されていたような気がします。それが全体のイメージを盛り上げて行く。あるいは、迷路の深みに落としこんでいく。

ま、一応は一気に読めました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/551

コメントする

アーカイブ