退職手続き

| コメント(0) | トラックバック(0)
晴れ

昨日は雨の中を出社。総務・経理で退職の手続きをする。

総務への返却物は名刺・就業規則・保険証、社員証(定期券は残りわずかなので清算なし)。経理では健康保険、年金、雇用保険などについてのレクチャーを受ける。退職金の支給日についてはこの担当者も不明で、経理部長に確認するとのこと(あとで総務担当の役員から連絡が入り、出向いて少し雑談。退職金は社長から手渡しにしたいので、再度の来社を願いたいとのことだった)。

夜の飲み会まで時間があるので、置きっぱなしだった自席のPCの中を再整理。このPC、一応作業は可能だったが、立ち上げている間中ピーピーとエラーブザーが鳴りっぱなしで止まらない。どこかのスロットが緩んでいるとか、CPUファンが止まっているのかと思ったが、どこといって異常はなかった。原因不明。ま、私の退社に殉じて、そろそろ逝きかけているんでしょう。

やることもなくなり、ちょっと早めに会社を出る。本屋で時間をつぶそうと思っていたのだが、ツタヤの本棚は更に品揃えがひどくなり、DVD売り場に浸食されている様子で、探したいような本はゼロ。駅前ビルの地下の書店のほうがマシかなと移動したが、こっちはそれどころか、いつのまにかゲームセンターに変貌していた。書店で本を買う人が減ってるんだろうな。ひどい傾向だ。仕方なく駅前の電気店などをうろついて時間を消化。

飲み会は爺さん連中が集まって、それなりの雰囲気で過ぎる。これで解散かと思っていたら、まだ駆けつける連中がいるので二次会に出ろと言われる。取引先から二人。元の部署から二人。同フロアの他部署の若い女の子が一人。よせばいいのに花束をもってくる。

なんだか覚えていないが、結局三次会まで行ったのかな。完全に飲みすぎ。9時ごろには解散の心積もりで飲んでいたので、ペース配分を誤ってしまった。最後はなぜか成り行きでタクシーになってしまって、予想外の出費。このへんはほとんど記憶なし。

翌日は息も絶え絶え。完全にダウン状態だった。味蕾が壊れたようで飯は味がなく、タバコも超まずくて本数激減。ま、その代わり久々の休肝日が持てたのだからヨシとするか。

ネットで小切手換金の方法などを調べる。なんせ小切手なんて使ったことがないもんで、何も知らない。 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/274

コメントする

アーカイブ