「講談 碑夜十郎」 半村良

| コメント(0) | トラックバック(0)

講談社 ★★★

 

ishibumi.jpg「講談」と副題にあるように、講談です。いわゆる天保六花撰(例の悪坊主・河内山宗俊とかです)のSF仕立て、舞台盗用仕立てとでもいいましょうか。ただしSFはあくまで便宜であって、真意は天保六花撰をネタにして江戸情緒+ストレス解消本を書いてみたかった、ということと理解しています。主人公が国士館出身で、なぜか剣道の達人で、超いい男で、なぜか天保の時代に飛ばされて、そこにはキップのいい美女がいる。そんなこと、ま、どうだっていいです。

半村さんという人、昔から会話が上手な人でした。しっとりした情感を、短い言葉のやりとりの中に込めていく名人。特に詳しく描写もしていないのに、たとえば夜十郎とおきぬの絡みは実にエロティックにもうつります。交合の際におきぬの「腹がへこむ」という表現のあたり、笑ってしまいましたが、考えてみると実に新鮮な言葉ですね。こんなドライな言葉で表現された男女の交情シーン、読んだ記憶がない。

惜しい人をなくしたなぁと、あらためて思います。もう少し長く書いてほしかった。遺作(でしょう、きっと)の江戸打入りなぞ、この年にして新境地かな・・というものでしたが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/527

コメントする

アーカイブ