「キリスト・コミッション」 オグ・マンディーノ

| コメント(0) | トラックバック(0)
ダイヤモンド社 ★★

現代の作家がなんだか不明のタイムワープで紀元36年に飛ぶ。で、キリスト復活のミステリーを調査して歩く・・・という骨子。

ストーリーはともかく、何を言いたいのかわからん本でした。キリストの遺骸盗難事件を解くという観点かなと思ったら、どうもそうでもないようだし、結局のところ一種の宗教小説とでもいうべきか。

そうしたテーマを別にすれば、ま、当時のエルサレムの雰囲気はこうだったんだよ、という時代小説として読むことも可能。そういう意味ではまずまず。

krist-com.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/508

コメントする

アーカイブ