「神は妄想である」 リチャード・ドーキンス

| コメント(0) | トラックバック(0)
最近読んだリストだけでも記録しておくか。

えーと、最近ぶんからで
「神は妄想である」リチャード・ドーキンス
「果てしなき流れの果てに」小松左京
「日本沈没」小松左京
「旅涯ての地」板東眞砂子
「井上靖評伝覚」福田宏年

あと、何だったっけ。思い出したら記しておきます。ドーキンスはけっこう面白い本でした。テーマは無神論の立場からの「神」。というか、神が存在しないことの論証。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/503

コメントする

アーカイブ