JIN-仁- 完結編なんての見てしまった

| コメント(0) | トラックバック(0)
あんまり評判がいいらしいので「JIN-仁」の完結編第1話、試しに見てみました。ふだんはこのテのものにあんまり興味ないんですが、なんせ大河ドラマがあまりに酷いので、代替ですね。ふんとに。江、なんとかできないのか! 最近は敬遠して他の局にまわしてます。

酷いといえば、篤姫も酷かったです。でもまぁ、許せる部分もあった。風林火山もお姫様が出てくるまではマズマズでした。えーと、それから、そうそう。天地人は最悪。あのフニャフニャした男がなんでみんなの尊敬をあつめて、おまけに々々なんじゃ。北斗七星で紅葉で義ですか。

直江山城という人には興味があったんで、どんなふうに作ってくれるか期待していたのが120%裏切られ。どうもNHK、主人公がこれっぽっちも「悪」の要素があっちゃいけないと思い込んでる。人を切るのかショックという若者がどうやって自分を作り直してひとかどの武将になり、天下に知られるやり手の政治家になったのか、そのへんを描いてほしかったですね。

ついでだ。あの新選組! 非常に良かったと思ってます。ただ惜しむらく、あの重みのない局長だけが酷すぎた。鬼の局長を虫も殺さぬ善人にしてしまったんで、ストーリーが完全破綻。優香なんて可哀相なくらいアホ娘に見えました。その他の部分は三谷脚本、けっこう評価できたんですが。やっぱ、NHKに気を使いすぎたのかなあ。それとも某事務所からのプレッシャーか。

まま、思い出しても仕方ない。JIN-仁ですね。

ふんふん、なるほど。エピソードてんこ盛り。無理はたっぷりありますが、民放ドラマです。十分に許容範囲で、暖かい目で見る限り、非常によく作られたドラマだなあと感じました。

内野聖陽の竜馬、暑苦しいけど、なかなか良いです。ひたすらハイテンションでうるさくて、雰囲気よし。それにしても「無愛想な竜馬」ってのを、どこかでやってくれないかなあ。たいした根拠はないんですが竜馬という人間、ふだんは目つきも悪くて無愛想で、でもニカッと笑うと非常に魅力的・・・というふうに思い込んでいます。

なにがなんでもゲタゲタ笑ってると疲れるだけですよね。

拾い物は久坂玄瑞。林泰文という役者ですか。存在感があった。「間違えるなよ」という久坂の描き方も、それはそれなり。悪くない解釈と思います。切腹シーンもウジウジしてなくて秀逸。(切腹といえば「新撰組血風録」第3回の新見錦の憤死も悪くなかった。はい。これも一応見たんです)

西郷さんの藤本隆宏も悪くなかったですね。締まった太り具合がなかなかで、顔が心底善良・健康そうすぎるののか少し難なものの、あとは合格点。あっ、そうそう、ここでも新撰組局長はあきまへん。新撰組を飢えた狼の群れのように描くのはアリと思いますが、でもせめて局長には局長らしい存在感がないと。ズラリと並んだ中でどいつが近藤なのか見当もつかない。

そういえば、去年の竜馬伝でも、原田泰造の局長はアホ役やらされてましたね。たしか女に薬を飲まされていたような。コミックな脚本もいいけど、しらけるような描き方はあきまへん。なんかのドラマでは福島正則が投げ飛ばされてたなあ。あれはなんの大河だったか。もう覚えてません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/848

コメントする

アーカイブ