テレビ録画したDVDがなぜ再生できない?

| コメント(2) | トラックバック(0)
この正月、子供に頼まれて番組を録画しました。で、HD録画したものをDVD-Rにダビング。持ち帰ったそのDVD-Rが再生できなかったらしいです。使ってるデッキが古いから買い換えないといけないと言ってるらしい。

うん、なんか間違いがあったような、かすかな不安があったんだよな。どこかで「ナントカのフォーマットは他の機器では再生できない・・」とか読んだ記憶があるような。

で、DVDレコーダー(シャープです)のマニュアルを読み直してみたけど、ほんと読みづらい。「ダビング」を調べるだけであっちのページ、こっちのページ、5~6カ所を調べなければならない。飛んだ先がまた分岐してるので、そこからまた他のページをくったり。

一応は親切(なつもり)に網羅はしているんですよね。でもいろんな要求に答えようとしてありとあらゆる説明してるから、要点がわからない。けっこう苦労しました。

少なくとも「VRモードでは他で再生できないことがある。他のプレーヤーでも再生するのならビデオモードで」。そう書いてあることは事実。じゃ試しに「ビデオモード」で録画しなおしてみましょう。

えーと、まっさらなDVD-Rメディアは「ビデオモード」でフォーマットされてるらしいです。だからお皿をトレイに入れると「VRモードフォーマットしますか」というメッセージが出る。これを「No」と拒否すれば、「ビデオモード」フォーマットのままですね。うん、それでやってみましょう。

トレイにお皿をつっこんで、メーセッジに「No」と答えます。続いて「ダビングしますか」と聞かれたので「Yes」。目当ての番組を探して「開始」を指示。あれれ、できないと文句言ってます。「CPRMがなんとかかんとかなのでダビングできません・・」とか言うておる。

DVD-Rの包装を調べてみました。「CPRM対応」の文字がグレーになってるので一瞬ドキッとしましたが、その隣に「地上デジタル」「BSデジタル」とかの文字が印刷されている。大きく「録画用」の文字も生きている。うん、間違いなくデータ用のDVDではなく、費用上乗せのデジタル録画対応DVD-Rです。

わけわからんですね。「VRモード」では他のプレーヤーで再生できない。かといって「ビデオモード」を選んで録画することもできない。仕方ない、あちこち調べてみました。取説だけじゃ理解不能です。

で、自分なりに理解したのは下記。

◆録画側
・録画方式はざっくり「VRモード」と「ビデオモード」に分かれる
・「ビデオモード」は一般的な映画や音楽DVDの録画方式。どんなDVDプレーヤーでも再生できる(できなかったら困る)
・「VRモード」はその後に生まれた高機能かつややこしい録画方式らしい。
テレビ放送(デジタル放送)は「VRモード」でしか録画できない。
 (アナログ放送とデジタル放送を分けて説明するから、シャープの取説は複雑になっていた。ま、販売時期もあって仕方ない部分はあるけど)
・なおかつ、例の著作権保護機能、悪名たかいCPRM。このCPRMに対応していないDVDメディアには、デジタル放送は録画できない

CPRM対応メディアってのは、要するに「録画用」として売っているDVDですね。前はPCなんかで使う「データ用」より割高でしたが、最近は下手すると安くなってる。

◆再生側
・使用するDVDプレーヤーが「VRモード」に対応していること。
  古い再生専用のプレーヤーなら「ビデオモード」にだけ対応していれば十分です。「VRモード」なんて必要なかった。
・使用するDVDプレーヤーがCPRM対応であること
  これもそうです。アナログ放送の時代のレコーダー(プレーヤー)なら、著作権保護なんて考える必要がなかった。
・要するに、デジタル放送に対応したDVDレコーダー(プレーヤー)でないと、再生は難しいということらしいです。
・そうか。やはりある程度新しいものでないと無理なのか。

なんなとく全貌がわかったけど、すべての問題の根底にあるのは「コピー防止、著作権保護」ですね。「コピー・アットワンス」の縛りがいまでは「ダビング10」に緩んでるそうで(機械が勝手に受信してファームウェアを更新してるから実感なし)多少は使いやすくなってるみたいですが、それでも複雑怪奇です。

DVD購入の際にもう少し上乗せしてもいいから、もっと汎用性のある形で録画・再生の仕組みが作れなかったもんでしょうか。録画に縛りを加えるのは仕方ない。でも再生にも縛りが出てくるのが納得できない。古いプレーヤーに読み取れないようなVRモードとかCPRM対応という拡張は、なんか技術屋さんたちがサボって手抜きしたような気がしてなりません。

ん、技術屋さんを責めるのは可哀相か。メーカー団体、著作権保持団体の責任ですね。消費者が苦労するような形の技術革新しかできないんじゃ本末転倒。デジタル放送絡み、いろいろ一連の動き(受像機に差し込むB-CASカード とか、あれもほんと酷い)、頭の古いオヤヂとしてはどうも気に入らないです。

芥川賞インタビュー式に呟いてみるか。気に入らんぞ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/918

コメント(2)

突然すみません。自分もシャープのレコーダーを使用しています。同じ様に他のプレイヤーで再生出来なかった為、自分なりに調べたところ、ファイナライズが必要とのことでした。シャープのレコーダーの場合 ホーム→ディスク管理→ファイナライズ で選択したら出来ます。ファイナライズしたところ他のプレイヤーでも再生出来ました。お試し下さい。

コメントする

アーカイブ

最近のコメント

このブログ記事について

このページは、kazが2012年1月25日 11:42に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「いろいろ」です。

次のブログ記事は「「自民党戦国史」 伊藤昌哉」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて