PDFファイルの修正手順 - 忘備録

| コメント(0) | トラックバック(0)
絶対に忘れる(既に忘れかかっている)ので、メモ。

友人から頼まれたPDFファイルの修正手順

■素性=たぶんパワポで作成したものをPDFに落とした気配。横位置で10Pほど。
■PDFを修正するにはAcrobatが必要だが、あいにく超古いため下手に立ち上げるとインストール済のAdobe Reader関係がメチャクチャになる(経験済)。おまけにWindows7ではまともに動かない。
■PDF-Viewerならちょっとした修正は便利だが、本格的なPDF編集は無理。
■ものは試しでHTMLに落としてみたが、これまったく実用にならないことが判明。
■仕方なく、PDFをWordに変換した。たぶんオンラインサイトで変換したと思うが、どこでやったかは忘れた。
■できあがったWordファイル(ただし拡張子はrtf)で作業。新しいページを挿入したり、特定のページをコピーするのに苦労したが、試行錯誤でなんとかできた(詳細手順は記憶なし。かなり面倒だった)
■完成したWordファイルをPDFに変換。PrimoPDFでいいはずだったが、どうやっても「横位置印刷」ができない。縦位置用紙の上半分に小さく横にPDFが配置されてしまう。
■これも試行錯誤で、 CutePDF Writerを使用。ただしPDFに落とすと、やっぱり縦位置画面に、90度回転した形で印刷されてしまう。不思議だなあ。
■しかし90度回転のPDFならなんとかなるだろうと思い、PDF RotatePageを使わせてもらう。たんにページを回転させるだけの機能のフリーソフトのようだが、大正解。
■これでようやく「PDFファイルの大幅編集」ができました。やれやれ。


別件
ネットを見ていたら、いきなり画面が黒くなって、すぐに復帰。
調べると「atikmdagが応答を停止しましたが、正常に回復しました」のログが残っていた。

なんでだ?・・と調べたけど、わかんないですねぇ。特定不能。要するに、何からかの原因でディスプレイドライバーが迅速に応答できなかった、ということらしい。そりゃ、何らかの理由はあるでしょ。

しかたないので気は心、ドライバー(Catalyst12.1)を再インストールしてみました。前回インストールでは真面目にやってなかったので、今回は大昔の手順で実施。つまり「ドライバーを8bitの標準ドライバに切り換え」「インストール済のCatalystを削除」し、それからあらためて「新しいCatalystをインストール」です。かなり面倒。 セーフモードでDriver Sweeperを使えというサイトもありますが、私はこの手の削除ツールがあまり好きではないのでご遠慮。

しかしインストールの途中でエラーが出ます。「MSI766.tmp」でひっかかったそうですが、なんでMSIなんだ。なんでtmpなんだ? 何回目かには、知るか!と続行させたら、何事もなかったように進行してくれました。あとで確認したけど、特に不具合なく、すべてインストール成功だったようです。よう分からん。

それにしてもあんまりスッキリしないなあ・・と思っていたら、いつのまにかAMD Catalystが12.2に上がったようですね。さっそくまた更新しました。効果が何かあるのかどうか、よく分かりませんが。

だいたいCatalystを完全アンインストールしようとすると、途中で「すべてのAMDドライバを削除しますか? USB・・・も含まれます」とかいうメッセージが出ます。これ、かなり気持ち悪いです。

ディスプレイドライバーを削除しようとしているのに、なぜ管轄外のUSBなんて単語が出てくるんだ。まさかAMDデバイス関係、すべてのドライバを削除しようというんじゃあるまいな。越権行為。なんせこっちのCPUはAMD、マザボもAMD用です・・・ほんとにガバッと削除されたら大迷惑。

怖かったので、明確にディスプレイ関係とわかるものだけを明示的に削除しました。はい、軟弱。したがって、前のゴミがまだなんか残っているかもしれません。なかなか気分よくスッキリというわけにはいかない。

わからないこと、ほんとうに多いです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/932

コメントする

アーカイブ