「道誉なり」 北方謙三

| コメント(0) | トラックバック(0)
doyonari.jpg★★★ 中央公論社

北方謙三はたぶん初読です。

主人公は例の佐々木道誉。バサラで有名な人物ですね。バサラは有名だけど、具体的に何をした人なのか。真田昌幸のように「表裏比興の者」という描かれ方が多いようで、実際かなりドライに変節を繰り返した。と同時に新感覚のファッションリーダー、新文化のスポンサーでもあったようです。

うーん、やはりよく分からない。ひたすらキンキン叫ぶ陣内孝則のイメージが強いし。

てなことで借り出した本ですが、「道誉なり」はちょっとカッコ良すぎます。時代が読めて、意志が強くて、世渡り上手で戦も強い。足利尊氏と嫌いあいながら認めあい、実はけっこう好きだった。ま、そんなふうな描き方ですか。これじゃなーんも分からないですね。すみません。

南北朝のあたりに興味のある人にとっては、けっこう面白い本だと思います。尊氏、道誉という二人の巨人の周囲を吹き抜けていく時代の風と人物たち。人物はひたすら淡白に、あっさり描かれます。次から次へと通りすぎていく感じ。

うーん、やっぱりどんな本なのか意味不明ですね。すみません。読後感としても、良本なのか、見かけ倒しだったのか、よく分からないです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1018

コメントする

アーカイブ