「大いなる眠り」 レイモンド・チャンドラー

| コメント(0) | トラックバック(0)
★★★ 早川書房

ooinarunemuri.jpg村上春樹訳です。

登場の私立探偵フィリップ・マーロウはまだ若いです。まだ体力もたっぷりあって行動力も抜群。後年ほどは人生に疲れていません。

例によって(というか、宿命ですね)ストーリーはわけわからん。誰が誰を何の理由で殺したのか、やたら出てくる拳銃のうちどれが何発発射されて、誰が死んだのか。ま、そんなことはどうでもいい。

で、例によって女どもには妙に好かれる。美人姉妹+αがそろって好意を示す。手練手管だけでなく、思い切って直接的に迫ってくる女もいます。マーロウも我慢するのはかなり大変だった模様です。


大昔に一回くらいは読了しているはずですが、もちろん何も覚えていない。ま、今回も、楽しく読みました。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1146

コメントする

アーカイブ