「芸者論―花柳界の記憶」 岩下尚史

| コメント(0) | トラックバック(0)
geisharon.jpg★★ 文春文庫

家にあった本です。最近テレビで顔を見るようになったオネエふう物書き。たぶんまっとうな作家なんだろうと思っていましたが、ま、いちおうはそうだったみたいです。

内容は江戸・東京の芸者史。盛衰史。主として新橋芸者が中心になっていますが、それなりには面白かったです。ただし奈良平安の遊び女や白拍子なんかと関係づけて、ややこしい話にしたのが少しうっとうしかったですね。

前に三島由紀夫の女関係をテーマにした「ヒタメン」もそうでしたが、変な美文調というか、こってりしすぎた文体はヘキエキします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1170

コメントする

アーカイブ