「信長の棺」加藤廣

| コメント(0) | トラックバック(0)
nobunaganohitsugi.jpg★★★ 日本経済新聞社

ずーっと敬遠してましたが、意外によかったです。

主人公は太田牛一。信長公記を書いた人です。で、この人が語り手、探偵となって本能寺の秘密を探る。なぜ信長の遺体が発見できなかったのか。ついでに桶狭間でなぜ信長は勝利したのか・・・。

後半になると少しダレますが、ま、それくらいは仕方ない。最後の最後も「あれ?」ですが、ま、よしとしましょう。

読んで損するような本ではなかったです。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1172

コメントする

アーカイブ