「武士たちの作法 戦国から幕末へ」中村彰彦

| コメント(0) | トラックバック(0)
bushitachinosaho.jpg★ 光文社

中村彰彦という作家、たしか保科正之かなんかの本を読んだ記憶あり。けっして駄作ではないけれど、ちょっと鼻につくというか、飽きる感じ。またぜひ読みたい・・という著者ではありません。

で、今回はエピソード集とでもいいますか。少し期待しましたが、やはり底が浅い。わりあい陳腐な知識が多くて水増しも多々。へーっ!という部分は全体の1割もありませんでした。0.5割かな。ちょっと残念。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1197

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2013年11月23日 10:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「英国王のスピーチ 王室を救った男の記録」マーク・ローグ/ ピーター・コンラディ」です。

次のブログ記事は「「日本史はこんなに面白い」半藤一利 編著」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて