FlashAirカード・・・まだ実用レベルではないみたい

| コメント(0) | トラックバック(0)
先日デジカメ(Fujifilm X20)を購入した際、内蔵カードはWi-Fi機能のFlashAirカードにしました。東芝(しか作っていない)のW-02 SD-WC008GというSDHCカードです。転送速度はClass10。いまのところいちばん早いはずです。
SD-WC008G.jpg
ただしFlashAirは無線LANの親機として動作するのがデフォルトです。これを裏技で子機モードにして使用。小さいカードなんだから難しいことをしないで、単純な子機として動いてくれたほうがありがたい。

この場合の親機はもちろん無線ルータ。ルータはデスクトップPCのすぐ横に設置しているので、PCと無線接続する理由はない。有線接続のほうが圧倒的に速くて安定します。ということで、PCは無線LANカードなし。無線は他の部屋にある家人のノート用です。

(ついでですが、プリンタも結局はPCに直付してローカルプリンタとして使用しています。いろいろ不便はありますが、PCのスイッチさえ入っていれば隣の部屋のノートからの印刷も非常にスムーズで速い。理論的には ルータ→無線LANアダプタ→プリンタ が理想なんですが、いろいろトライしてみた末にあきらめました。この次にプリンタ買うときはちょっと高価ですが無線プリンタにする予定です)

で、FlashAirカード。数枚の写真を転送するには便利です。そのたびにカードを引っこ抜いたりUSBを差し込んだりする必要がない。便利で手軽ではあるんですが、残念ながら転送がべらぼうに遅い。惜しいなあ。

PCからアクセスするときも、なぜかFirefoxだと失敗が多いです。アクセスしなかったりストップしたり。IEだと比較的スムーズのようですが、それでも遅いです。1枚の画像を転送するまで、結局15秒から20秒以上はかかっている。かったるい。最初から最後までで、印象としてはだいたい1分という感じ。

それでもUSBを差し込むよりは簡単なんで時折使っていますが、トータルとして「まだ実用レベルじゃないな」という感想です。わざわさ高い特殊なカードを買ってしまって少し後悔ですが、ま、授業料ですね。

ついでですが、転送用のUSBケーブル。EXILIMデジカメに使っていたケーブルをそのまま使用できるかと思ったら規格が違いました。名称は知りませんが、X20用は差し込みが非常に細いです。EXILIMとX20、そのたびに違うケーブルでないと接続できない。意外な不便でした。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1244

コメントする

アーカイブ