助詞抜き表記が目につくようになってきた

| コメント(0) | トラックバック(0)
このところテレビで助詞抜きの話し方が耳につきます。いや、しゃべくりではもっと前からかな。リポーターやタレントが話している分には、助詞抜きでもさほど気にならないが、堂々とテロップで表記されると非常に気になる。耳と目では違います。

いや待てよ。新聞の見出しなんかでは昔から助詞を省略してるなあ。文字数を節約するためなんでしょうけど、こっちは一応考えられていて、さして違和感ありません。

えーと、気になる助詞抜きテロップの例はないか・・と考えてみましたが、意外と思いつかない。間違った例を考えるのって、難しいものなんですね。で、好例ではないですが、たとえば「弾道ミサイル発射した」というようなケースでしょうか。「弾道ミサイル発射」「弾道ミサイルを発射した」のどちらかにしてほしい。なぜ「」を省略したのかが不明。

テレビのテロップ関連ミスはべらぼうに増えてるし(極端にいうと1日に1回くらいは訂正謝罪を聞く)、日本語センスのないスタッフがあわただしく作成してるからでしょうか。それを校閲チェックする仕組みもたぶんできていない。

だいたい「を」は嫌われてきたような気もしますね。鋭く、明確すぎるんでしょうか。そのうち消え去る助詞かもしれません。

「を」と「が」の誤用に関してはもう文句言うのがアホらしい。「お菓子が売っています」というパターンです。誤用というより、日本語が変化したと考えるべきなんでしょう、きっと。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1316

コメントする

アーカイブ