VirtualStoreというヘンテコリンな格納場所

| コメント(0) | トラックバック(0)
Wiz8で遊んでいていちばん大切なのはセーブデータです。ま、 CD原本も大切ですが、これは滅多に壊れないでしょう。

で、そろそろセーブデータのバックアップを作っておこうかなと、エクスプローラでProgram Files (x86)のSirtechフォルダを覗いてみましたが、あれれ、Savesフォルダにデータがない。からっぽ。なんという不思議な。

仕方なく検索をかけてみました。そしたら何故か C:\Users\xxxx\AppData\Local\VirtualStore\Program Files (x86)\Sirtech\Wizardry 8\Saves にあった。VirtualStoreって何者だ。

どうも管理者権限絡みみたいですね。なんかの事情でOSが大切なProgram Files (x86)配下に置きたくないようなケースで、勝手にこのVirtualStoreという場所に引越しさせる。プログラム的にはまったく支障ないようです。でもいったいいつからこんな事態になっていたのか。

Windows7にしてからWiz8をやったこと、なかったかなあ。それとも最初からProgram Files (x86)に入っている場合は、従前を踏襲するとか。綿羊です、いや面妖です。

で、ものは試し。ゲームをきちんと管理者権限で実行。なるほど、そうすると今度はVirtualStoreのほうにはアクセスできないようで、したがってセーブデータを発見できない。

本当はどっちでもいいんですが、物事はスッキリしているほうが安心。VirtualStoreにあったセーブデータを本来のProgram Files (x86)に戻しました。

wiz20140919.jpgうん、これにて決着。きちんと読み込めます。

試してみたついでにスクリーンショットもとってみました。ゲームを終了してからPhotoshopを立ち上げてメモリをペーストするという(原始的な)やり方です。他にもっと便利な手法があるかどうかは知りません。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1351

コメントする

アーカイブ