赤坂大歌舞伎

| コメント(0) | トラックバック(0)
赤坂ACTシアターの「赤坂大歌舞伎」を見てきました。中村勘九郎、七之助が出るとかで、正直、さして関心もないのですが、ま、これも経験です。だいぶ前に文楽を見たときも、意外や意外で悪くなかった。薦められたら駕籠にも馬にも乗ってみる。

akasakaokabuki.jpgえーと、演目は「操り三番叟」と「於染久松色読販 お染の七役」。三番叟は勘九郎が人形になって踊ります。というか踊らされるのかな。

「於染久松色読販 お染の七役」のほうは七之助がひたすら早変わりする。若い娘の役も悪くはないですが、どっちかというと年増が似合ってます。早変わりはさすが。これくらいの時間はかかるだろう・・・と思っていると、思っている時間の半分くらいで出てくる。マジックみたいなすり変わりもあって、観客は大喜びです。ケレンの鶴屋南北ですから、ストーリーなんてどうでもいい。とにかく早変わり。よくまあ考えたもんだ。

そうそう。兄貴の勘九郎、悪役で登場でしたが、これもまずまず。けっこう貫祿があります。

赤坂ACTシアターの客は、若い人が多いです。Tシャツ姿もいる。着物姿の渋いオバさん方はいたかもしれませんが発見できず。思ったより時間がかかったので隣のビルで食事。スペイン料理かと思ったらポルトガルだった。なんせ赤坂という場所柄、量は少ないです。味は普通。価格も(たぶん)赤坂としてはまずまず。パエリアのイカやタコが固かった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1524

コメントする

アーカイブ