「真田丸」けっこう良いですね

| コメント(0) | トラックバック(0)
sanadamaru.jpg今年の大河ドラマ「真田丸」けっこう良いですね。この調子なら真面目にテレビを見ようと思っています。

脚本の三谷、時としてふざけすぎる気味はあるんですが、ま、NHKだし、そこそこ抑えてくれるんじゃないでしょうか。一応は真田信繁(幸村)が主人公です。

信繁ってのは冬の陣まではほとんど無名だったし(だから大坂城の幹部たちからはあまり信用されなかった)、たぶん真田一族のストーリーになるでしょう。中小企業である真田一家がいかにして激動に飲み込まれず戦国を生き延びるか。父・兄・弟のファミリー劇、群像劇ですか。

昔の新選組!も群像劇でした。若い俳優ばっかりで騒々しかったけど、脚本はそんなに悪くなかった。ただ惜しむらく肝心の近藤勇が大外しで、ちっとも鬼の局長らしさがなかった。

人を切るのは気がすすまない。気がやさしくて、祇園の芸子を妾にするにも純情ドキドキで、おまけに演技が極め付きの棒大根。黙って立ってれば立派に見える男なのになあ。脚本も媚びてしまって完全に「仏の局長」になってしまった。筆が曲がった印象。どこからの圧力だったんだろ。

そうそう。同じくNHKで始まった木曜時代劇「ちかえもん」も悪くないです。ちょっと?な部分もありますが、ま、芸達者な連中が演じる近松門左衛門と曽根崎心中を題材にした時代コメディ。関西の文楽演者がかなり協力している雰囲気で、音曲や人形の場面もある(北村有起哉が竹本義太夫を演じ、スッとぼけた味を出しています)。全8回くらいのようですが、これもたぶん見る予定。

あんまり連ドラを見る習慣なかったんですが、今年は大変です。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1584

コメントする

アーカイブ