HDD→SSD換装作業を開始

| コメント(0) | トラックバック(0)
Vaio(Eシリーズ、VPCEA1AFJ。2010年もの)のHDD→SSD換装作業を開始。

HDDの取り外しはずいぶん簡単になっていました。ネジを2本とるだけで中身があらわれる。ただし小さなネジ山をなめそうになって、ちょっと焦りましたが、慎重に適正サイズのドライバーをあてがって成功。こうした換装作業、実は蓋の取り外しとかネジがいちばんの難関だったりします。

HDDを固定するネジ穴は4カ所ありましたが、なぜか2カ所だけしか止まっていない。無理に締めつけるのを嫌っているのかな()。スルッと抜き出してSSDと交換。スペーサーを使う必要はなさそうだったので、そのままSSDを同じように入れて、2本のネジで軽く止める。

抜いてあったバッテリーを戻して、電源投入してBIOSチェック。これはF2連打でした。うん、無事に120GBのドライブを認識です。やれやれ、ホッとします。最大の難関はクリアした。

次はリカバリーメディアのDVDを入れてまた電源オン。スルスルッと進んだんですが、あれれ「リカバリー領域のドライブレターが取得できません」のエラーが出る。これは焦りました。何回やってもダメ。

うーん。困ってネットを当たってみると、なんか「スキップ」を選択しろ、とある。スキップ??
また何回かやって、前段階の選択肢の中に確かにスキップボタンがあったなと気がつきました。ここでエラーから脱出。

しかしバタバタしてたおかげで「リカバリー領域をインストールしない」という別れ道を逃がしてしまったような気がします。しかたない、終わってからまたリカバリーDVDを起動し、あらためて「VAIO Careレスキュー」から削除するか・・・と思ってましたが、Cディスクを見ると、空きスペースがたっぷりある。最初の段階で「リカバリー領域をインストールしない」を選んだのがそのまま有効になっていたらしい。やれやれ。

以後はとんとん進んでいたんですが、いちおう終わったところで意外なトラブルになった。起動するたびに「システム準備ツール(Sysprep)は、コンピューターの・・・」とウィンドウが立ち上がる。しかもチョイスすべき選択肢が実に怪しい。何のことやら不明で、スタートアップなど該当するソフトやツールを探したけど発見できず。どうも「Sysprep」というのは企業なんかが複数の端末にインストールする際のツールらしい。なんでそんなのが出てきたんだ。

sysprep.jpg
ネットを検索しまくりましたが、役にたつような例はなし。なんとなく再インストールするしかないような様子です。

ものはためし、明日にでも恐い選択肢をひとつ選んで実行し、ダメならもう一度リカバリーになります。

つくづく思い返すと、サービスパック(SP1)を入れ終わったあとの再起動で「初めての設定をナントカ・・」という不思議なメッセージが出ていた。もちろんWin7を入れて完了したあとのUpDateなんだから、奇妙ではあったけど。

やれやれ。

その後判明。左上、右上の2カ所の穴でHDD(SSD)を固定する。いったんフタを閉めると左下、右下のネジ穴があるので、この2カ所でフタを固定する。使ったネジが同時にフタの下のHDD(SSD)も固定するという仕組みのようです。さすがSonyの人、ネジの本数を減らす工夫で、賢い。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1615

コメントする

アーカイブ