行間が狭い・・・戦争と平和

| コメント(0) | トラックバック(0)
図書館借出し分を読み終えたので、本棚を眺めてみたけどこれというのが見つからない。

うーん、しばらく悩んでから「戦争と平和」を引っ張りだしてしまった。なんとまあ。

これ、たしか大学受験が終わってからの春休み、とりついで読了した記憶がある。筑摩世界文学大系だっただろうか。もしそうなら中村融の訳ということになるらしい。筑摩の全集は三段組、ずっしり重い本だった。

たぶん、それ以後も1回くらいは再読したんじゃないだろうか。もしそうなら今回が(読み通せれば)生涯3回目になる。

sensotoheiwa.jpg新潮文庫4冊組。自分ではなく(買うとは思えない)、娘が買ったんでしょうかね。平成11年で37刷りになっています。

開いてみると行間が狭い。ぎっしり活字が並んでいる。工藤精一郎という人の訳らしいです。とりあえず冒頭、ナントカという実力派女官のパーティにワシーリー公爵とピエール、エレンが登場したところ。これからどうなるんだっけ。

果たして読めるかどうか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1650

コメントする

アーカイブ