「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」村上春樹

| コメント(0) | トラックバック(0)
★★★ 文藝春秋
tazakitukuru.jpg
なぜか本棚にあったので一読。なるほど、「色彩を持たない」というのは、そういうことだったのか。一応は納得。

それなりに楽しく読みましたが、うーん、感想は難しい。とくに傑作というわけでもないし、かといって駄作と切り捨てるのもナンだし。そろそろ老境にさしかかりつつある作家が、ま、好き勝手に書いた。書きたいことを書いた。いろんな要素がやたら詰め込まれていますが、ま、詰め込んだだけという気もします。

そうそう。今回はマラソンの代わりに遠泳です。同じようなもんなんでしょうね。主人公は例によって几帳面に歯を磨き、アイロンをかけ、サラダを食べる。双子ではないですが二人の少女が登場します。

ま、そういいう小説です。


「悪と仮面のルール」中村文則
★★ 講談社
akutokamen.jpg
中村文則は「掏摸」というのがありました。孤独で冷静で有能。ハードボイルドふうのタッチでした。

今回も、ま、同じようなもんでしょうか。「悪」とか「人間を殺す」というふうな重いテーマです。テーマが重いので、ついつい説明が多くなる。登場人物がえらく長広舌です。

そこそこ面白かったですが、あんまり傑作という気もしません。もちろん読んで損したという駄作でもないですが。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1692

コメントする

アーカイブ