「それも一局」内藤由起子

| コメント(0) | トラックバック(0)
soremoikkyoku.jpg★★ 水曜社

副題は「弟子たちが語る「木谷道場」のおしえ」。

有名な囲碁木谷道場のお話です。列伝ふうに十数人の棋士たちをとりあげ、そうした弟子たちの証言で構成した本。プロ棋士だけでなくアマチュアとか出入りの床屋さんなんかの証言もあります。

悪くはないし、それなりに面白いのですが、うーん、ちょっと新鮮味がない。というか、雰囲気、情緒がなんか物足りない。期待をもちすぎだったかな。


ところで木谷道場と加藤正夫のことを書いた本、精霊の宿とかなんとかいうものだったと思うんだけど、正しい書名が思い出せない。なかなか読ませる好著だったんだけどなあ。うーん、歯がゆい。

・・・「精魂の譜」だった。 かなり違ってた。副題が「棋士加藤正夫と同時代の人々」。いい本でした。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1703

コメントする

アーカイブ