「超・反知性主義入門」小田嶋隆

| コメント(0) | トラックバック(0)
★★★日経BP社
chohanchisei.jpg
小田嶋隆の名を見かけるといまだに反射的に「お、頑張れよ」と言いたくなってしまう。ま、まともに考えて世の中を無事に渡っていける人とは思っていなかったからです。

人間、正直に生きろよとかいいますが、正直すぎたら生きていけない。小田嶋隆ってのはそのギリギリの部分をえぐろうとする。危険水域。「我が心はICにあらず」が初期の代表作ですね。

だいぶ以前、アルコール依存になったと聞いて、さもありなんと思いました。その後発見したブログでは、イグアナかなんかを仕事場の風呂場で飼って、ときどき散歩に連れ出す。広場を恐れ、ごつい顔のイグアナが震えているとか書いていました。まだ奥さんがいるのかどうかも知りません。先日は自転車からスッ転んで大腿骨を折ったらしい。

で、この「超・反知性主義入門」は最新作のようです。中身は、ま、いつものオダジマ節。この人、トシくってからだんだん論理的に書くようになってしまったなあ。順を追って論理的に書かないとアホ連中の批判がすごいからだろうか。ちょっと物足りない。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1753

コメントする

アーカイブ