人質ウィルス対策でWindows Backup

| コメント(0) | トラックバック(0)
人質ウィルスとかなんとか、テレビが脅かしています。たしかにかなり悪質そうで一般人じゃ対処の方法がない。MSも御用聞きメディアも口を揃えて「最新OSにしましょう」と言うだけだし。要するにWindows10。

単に起動HDDが感染するだけならそう怖くはないんですが、どうも雰囲気として、繋がっているPCやデータ格納庫がみんなやられる可能性があるかもしれない。つまりバックアップ用HDDをつないでいると、下手するとそっちもやられる。やられるファイルの拡張子と違えば安心なんですが、それもいつ変化するかわからない。

心配なので、とりあえずバックアップ専用HDDを切り離しました。切り離せば安心なんだけど、うーん、不便だなあ。バックアップ用の常用HDDだけでなく、保管用のHDDもないと安心できないみたいです。片方はしょっちゅうバックアップする。片方は月に一度くらいバックアップをとっておく。

20170523.jpgということで気は心。安心のため、溜まっていたWindows Backupを実施しました。このページに書かれている工程がわかりやすかったので実行。具体的には最新インストーラーである「KB4019265」を手動でダウンロードし、実行したわけです。インストールし、再起動してからまたWindows Backupをかけてみたら、あららら、すんなり通った。ウソみたいにスムーズに糞詰まり解消です。

他の人も同じようにスムーズにいくかどうかは保障しません。けっこう違ったりするんですよね。でも一例としてご紹介しておきます。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1758

コメントする

アーカイブ