「清須会議」三谷幸喜

| コメント(0) | トラックバック(0)
★★★ 幻冬舎
kiyosukaigib.jpg
ちょっと前、映画になってましたね。たしか主演は役所広司に大泉洋、小日向文世などなど達者な連中でそれなりに面白かった記憶がありますが、三谷ドラマの特徴でしょうか、常に「やりすぎ感」がある。

柴田権六が庭の七輪でパタパタ海産物を焼く、武将たちが難波歩きでレースする。訳のわからないクノイチが跳躍する。困ったもんだ。そうそう、剛力彩芽の白塗り引眉姫も新鮮でした。

ま、そんな映画の原作というか、数年前に書いた(かなりまっとうな)小説がこの「清須会議」です。

意外や、読後感は悪くないです。それぞれの武将たちのモノローグ形式で進行するんですが、うん、映画ほどのズレた悪ノリ感はない。内容というかエピソードも少しずつ違っていて、たとえば砂浜でのレースはなくてその代わりにイノシシ狩り。信雄はもちろんアホですが、技術オタクというわけではなくて、手回し扇風機を発明してはいない。秀吉はもっと悪党だし、奥さんの寧はかなり素直な性格(寧が語る章はけっこういいです)。

こうした原作を材料にして、監督・三谷が更に悪ノリしたのが映画なんでしょうね。悪ノリしなければよかったのに。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1776

コメントする

アーカイブ