シャプトン 刃の黒幕という砥石です

| コメント(0) | トラックバック(0)
若いころは割合マメで、よく包丁を研ぎました。子供用の椅子や机もつくったし、釣り棚も作った。まな板に鉋もかけたし、なんやかんや。ただし包丁研ぎは自分でも巧い気がしない。試行錯誤で、ま、なんとか刃がついかたな・・という程度で終わる。

toishi1000.jpg要するに正しい研ぎ方を会得していないわけです。

いつの頃からかそうしたことを手抜きするようになって、ずーっと放置していたのですが、いざまた研いでみようと思っても、肝心の砥石が使えない。真ん中が凹んでいる。下手な研ぎ方をしていた証拠ですね。コンクリートかなんかの上でゴシゴシやれば平らになるんでしょうが、集団住宅に暮らしていると、それができない。不便なもんです。

というわけで、ずーっと気にかかっていましたが、ついに決心して砥石を買いました。もちろんアマゾン。シャプトン刃の黒幕オレンジという不思議なネーミングで、番手は1000。ちょっと荒砥のほうに寄った中砥でしょうか。もちろん合成砥で3000円弱。セラミックなのかな。ネットの評判では、簡単に刃が付くらしい。

さっそく研いでみました。うーん、なかなか刃がつかない。あてがう角度が浅すぎるのかもしれません。しばらくゴシゴシやって、飽きてきて中断。左手の中指の腹を擦ったようで、血がにじんでいる。結果としてはあまり成功ではないけど、それでもやらないよりはマシ程度。数日たってケガが治ったらまた再トライしてみますか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1789

コメントする

アーカイブ