新宿御苑の桜

| コメント(0) | トラックバック(0)
gyoen2018.jpg予想外に開花が早そうなので、休日に新宿御苑へ。上野や千鳥ヶ淵よりは人がいないだろうと考えたのですが、ちょっと甘かった。めちゃ混みです。新宿駅東南口を出てから御苑の入り口までずーっと雑踏の中で、ま、牛歩あるきですね。特に御苑ゲート前の数十メートルは分速1メートルくらいです。駅から御苑に入るまでしっかり30分~40分はかかった。

さすがに中に入ってしまうと多少は空きます。空くといっても、ま、スタスタは歩けません。ぶつからないように注意しながら歩く。暑いような天気で、芝生にはみんなゴロゴロ寝ていました。これでビール飲めれば言うことなしなんだけど、なんせ環境省の「御苑」なんで不許可。

そうそう。妻子には「大身の旗本である内藤氏の屋敷跡」なんて偉そうに説明しましたが、勘違いでした。実際には高遠3万石の内藤氏()の下屋敷跡(中屋敷という説もあるらしい)。ま、いいかげんなことを言うもんじゃないです。

ついでに犬公方綱吉が作った「中野の野良犬小屋」もだれか旗本の土地と思っていたけど、これも間違いでした。田畑とか寺社の土地を提供させたようで、百姓61名とかいう資料もあるらしい。できた犬小屋は若年寄クラスが管轄。けっこう大がかりですね。

ふつう「高遠」で連想するのは保科正之ですね。秀忠の隠し子(正之)が保科の養子になった。その後(かな)内藤という大名が行ったとは知らんかったです

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1844

コメントする

アーカイブ