「私の聖書ものがたり」阿刀田 高

| コメント(0) | トラックバック(0)
集英社 ★★
watashiniseisho.jpg
阿刀田さんの書くものは、正直、あまり面白くない。面白くないけど、ときどき借り出してしまう。

今回のこれも旧約をいろいろ説明していて、ま、平凡な内容です。ただところどころに手塚治のマンガが挿入されているのがミソ。これもどうという内容ではないけど、手塚の絵は雰囲気があるんですよね。火の鳥の黎明編あたりの印象です。

ザッと読んでひっかかった点。

旧約の「神殿」の大きさです。単位はキュビト。肘から中指の先までの長さで、だいたい44センチ強。で、たとえばノアの方舟は長さが300キュビトだそうです。換算するとだいたい140メートル。ま、納得かな。

ところが栄華をほこったというソロモンの神殿は長さ60キュビドで幅が20キュビド。だいたい27メートル9メートル弱。神殿なのでそんなものかもしれませんが、作るのに7年もかけた。そして問題は宮殿です。これが長さ100キュビド、幅50キュビド。えーと、45メートルの22メートル。990平米くらいですか。300坪弱。

300坪の建坪って、そう驚くほどではないです。宿屋や個人住宅としてならべらぼうな広さですが、なんせ宮殿です。しかも名にし負うソロモンの宮殿。

このスペースに大広間があり控えの間があり、シバの女王が休憩した部屋があり、もちろん衛兵の控室もあり、台所もあり・・・と考えると、どうみても手狭すぎる。間口12間ということになりますが、ひょっとしたら幕末の越後屋のほうが広いかもしれない()。ちなみに皇居と比較すると、宴会なんかでよくテレビにうつる豊明殿が915平米らしいです

もっと不思議なのは、旧約関係のいろんな解説本、「あんがい狭い!」と書かれたのを目にしたことがない。どれもこれも「さすが豪華な神殿、宮殿」と讃えるだけ。どっかで固定観念に目が曇っているような気がします。

駿河町越後屋は間口35間あったそうです。60m以上。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1888

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2018年9月 1日 12:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「メアリー・スチュアート」アレクサンドル・デュマ」です。

次のブログ記事は「道東の旅、北海道地震」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて