「チンギス・カンとその時代」白石典之

| コメント(0) | トラックバック(0)
勉誠出版 ★★★
chingiskaan.jpg
面白そうと思って借り出したんですが、あははは、2年前に読んでましたこちらです。

それでもせっかく借りたので、また読み直しています。いい本です。

チンギス・カン(この本ではこう表記)は決して単細胞の武将ではなく、ケースバイケースで金の庇護に入ったりウイグル商人を利用したり、かなり頭脳派。

けっこう目からウロコがポロポロ落ちます。すごーく読みややすい・・という本ではないですが。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1909

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2018年12月10日 11:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SANDISKのSSDと無線ルータ」です。

次のブログ記事は「1テラバイトの大容量SSD」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて