プライム会員の仕掛け罠

| コメント(0) | トラックバック(0)
ついにカレンダー購入。はい。毎年恒例「ミドリ A4 オジサン柄」です。今年は悔しいことに消費税込み1728円の正価でした。12月下旬になっても頑強に値下げしないのでこっちが根負けした。完全敗北です。

最近のアマゾン、「プライム会員」の罠をなんとか回避することが重要課題ですね。うっかり手拍子でクリックすると有料会員にさせられてしまう。

今回も慎重に罠を避けながら注文処理をすすめていったけど、出た出た。いまなら「無料プライム会員サービス期間」とかなんとか、無料体験させてやるという申し出です。迷惑だなあ。

わざわざ途中まで進んだ会計を取り消して、また最初からトライしてみたけど、やっぱりこの「無料プライム会員」に導かれてしまう。気分悪いなあ・・と思いながら注文を確定しました。

はい。案の定。すぐメールが来ました。「30日間の無料体験」になったそうです。放置していると、年会費3900円の有料会員へ自動移行。それまでに自分のアカウントから「自動更新しない」のボタンをクリックすることで抜けられるらしい。よく知らないで会員にさせられる人も多いんだろうな。ボーッと生きてると大変な目にあう。

ojisan2019.jpg会員になったって、たいした益はありません。配送料が無料とか、配送が早くなるとか、日時指定できるとか。やくにもたたないゲームがたっぷり見れるとか、映画と音楽がどうとか。はっ

追記
どうもPrimeマークのついた商品を買ってしまったのが敗因だったらしい。さっそくアカウントサービスで脱会。え、ほんとにいいんですか?と何回も翻意をせまられたけど、初志貫徹で脱会しました。よかったよかった。すんなり脱会できる仕組みを用意している点だけは、さすがまっとうな大会社です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1916

コメントする

アーカイブ