「おだまりローズ」ロジーナ・ハリソン

| コメント(0) | トラックバック(0)
白水社 ★★★
odamarirose.jpg
以前に一回借りて、期限がきて途中返却。ちょっと悔しかったので返却してから数十分後に棚をみたら戻っていたため、再度の借出し。ま、読んでみたかったわけです。

少し前の連続テレビドラマ、ダウントンアビーの舞台は1900年代前半、大戦間の英国でした。だんだん貴族が力を失っていった時代ですね。で、この「おだまりローズ」もほぼ同時代。貴族の栄光に陰りがみえ、庶民が少しずつ自信を持ちだした時代です。たぶん。

そんな時代にヨークシャー出身(なぜかいつもヨークシャー!)、賢くて鼻っ柱の強い娘がメイド勤めをする。比較的世間体もいいし、うまくすると各地を旅行もできるってんで、貴婦人付きの女中を目指す。甲斐あって、アスター子爵夫人のメイドに採用。当時かなり有名な人だったらしいです。初めての女性下院議員。

子爵夫人、アメリカ人だったんですね。そして亭主もやはり金持ちのアメリカ人。そういえばカズオ・イシグロの「日の名残り」でも、アメリカ人のご主人に仕えていた。この時代、金満家のアメリカ人が英国に戻ってきて、貴族になったりすることが多かったんですかね。

ま、そういうわけで有名女性のメイドになったわけですが、このご主人は頭もいいし優しいときもあるけど、べらぼうに気が強い。しかもあんまり品はよくない。すぐ気がかわる。気まぐれ。メイドにとっては地獄の悪魔のような人です。しかしメイドのローズは負けない、ゆずらない、謝らない。なにしろヨークシャー生まれだから。

で、最後は「おだまりローズ」の鶴の一声。言われたらメイドは身分をわきまえてひきさがります。これを何回も何回もやっていると、だんだん好敵手のような関係になる。腐れ縁ともいいます。

という具合でなかなか面白かったんですが、やはりダメだった。半分ほど読んだところで期限がきました。さすがに次はすぐには借りません。そのうち気がむくかもしれませんが。

追記
気がつかなかったんですが「日の名残り」でもレディ・アスターが登場していたらしい。覚えてなかった。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1923

コメントする

アーカイブ