本屋大賞

| コメント(0) | トラックバック(0)
本屋大賞が瀬尾まいこさんに決まりだそうですね。本屋大賞の作品、おしなべて読みやすいことは事実でたぶんそこそこ面白い。でも正直、お金を出して買う気がしない。図書館で見かけて気がむいたら・・という程度でしょうか。

したがってだから何?ということなんですが、この作家の名前にちょっと記憶がある。何だったっけ・・と考えて思い出した。「天国はまだ遠く」が同じ作者でした。確かに気がきいていて、本屋大賞ふうではある。たしかその後、図書館の棚で著書を調べたら行間が空いて厚みのないのが数冊あって、借りようかとも思ったけどペラペラだなあ。読みごたえ、借りごたえがない。やめた。

ま、そういう本でした。受賞、おめでとうございます。たった一冊でしたが、楽しい本でした。

ちなみに今まで読んだことのある本屋大賞作品は『舟を編む 』『天地明察』『告白』かな。『村上海賊の娘』は旅先の図書館で数十ページに目を通したことあり。旅先の図書館って、面白いですよ。たまたま新潟六日町、駅前で立派な図書館に遭遇したことがあります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1940

コメントする

アーカイブ