コーヒー保温用キャンドル

| コメント(0) | トラックバック(0)
淹れたコーヒーの保温用にずーっと使っていたカメヤマのティーライトティン キャンドル。先日つい使いきりました。買ったのは100コ入りで、たぶん1200~1300円程度だったような。ちみに「ティン」は「tin」「錫」です。

ブランド品のカメヤマなので、けっこういい品質です。連続使用なら、たぶん問題ない。しかし消してはつけ、つけては消しという使用だと、どうしても芯が炭化してしまう。カップの底にまだ20%くらいワックスが残っているのに、火が消える。あるいは鉛筆の先ほどの炎になる。いろいろ工夫してみましたが、これはどうにもなりませんでした。
candle2019.jpg
ということで、次は割高で「日本製」「植物性」をうたった「キャンドルアルミカップ30個入り」を開封。おそらくパームワックス100%というのが売りみたいです。ただし価格はほぼ3倍。


うん、非常に良い製品でした。蝋が減ってきても火が消えない。もうダメかな?と覚悟して再点火しても、きちんと安定した炎がともる。

ワックスの質がいいのか、それとも容器(少しデザインが違う)がいいのかは不明。3倍の価値があるかどうかも断言はできませんが、気分の良さをプラスするなら、こっちのキャンドルのほうが優れています。

植物生まれのキャンドルアルミカップ 30個入り(ティーライトティン) 、イチオシでした。使用開始からもう1週間くらいたってますが、まだ火がつきます。



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1968

コメントする

アーカイブ