ワクチン接種と天ぷら定食

| コメント(0) | トラックバック(0)
benza.jpg先月は都心まで出かけてインフルエンザのワクチンを接種。接種なんて人生初です。たぶん小学生の頃のBCG以来かな。ん? ツ反応の注射が先で、その後がBCGだったっけ。よく覚えていない。

それはともかく。なぜ都心まで行ったかというと、その健保の負担でワクチン代がゼロだったから。地元の市でも補助は出ていたけど、たしか半額くらいだったかな。どうせなら都心まで行ってタダでワクチン受けて、そのへんで遊んで帰ろうという遠大な計画だったわけです。妻と二人で出かけました。

計算外は、土砂降りの雨だったことですね。よりによってバシャバシャ雨。おまけに接種の場所が小ぎれいな診療室なんかではなく、三階だったか四階だったか。エレベータ前に10人ほど待ってるのをみて、なんか予感があった。

1フロアのホールを仕切って、ま、難民収容みたいな印象のところにならんで受付→横の机で書類記入→ならんでチェック→仕切りの中に入って上を脱ぐ(濡れた傘とリュックは長机の上におく)→10人ほど待ち構えている医師(のはず)の前に座るとササッと上膊に注射。ここ、5分くらい抑えててね。

右手で左上膊を抑えたまま、濡れた傘とリュックと衣類一式ひっつかんで、外の廊下へ。そうそう、途中に「お読みください」なんてパンフも置いてあったな。持てるか。で、廊下の窓際にはズラーッと椅子が並んでいて、あいてるのを探して腰掛ける。5分待つわけです。

で、5分たったころ、椅子をたって、狭い片隅でセーター着てウィンドブレーカをはおり、リュックを持って、傘を持って、妻を待って、エレベータにのりこむ。やれやれ。

雨の中を神保町まで歩きました。神田のどこかに「まつや」か「やぶ」があるはずというんだけど、地図も持ってないし住所も調べてない。てんから無理ですね。  ま、古本屋街のあたりをいくか・・・とすずらん通りに入ったら「はちまき」。天丼の店ですが、なんか店名に記憶がある。芥川賞とか直木賞に関係なかったっけか。店の前に江戸川乱歩をかこむ会かなんかの写真も飾ってあった。ひいきだったのか。ま、入ってみますか。

その後の調べで、これは「はち巻 岡田」と混同していたことが判明。銀座ですね。勘違いではあったんですが、神保町の「はちまき」もなかなか良かったです。ちょうど昼時でしっかり相席。天麩羅定食が1000円だったかな。安い。キスがうまい。イカがやわらかい。しつこくなく、フワッと食べられる。

注文するとご飯大盛りにするかどう聞かれます。そういう店らしい。穴子海老天丼が名物のようでした。なかなか面白かったんですが、帰宅してからノドが痛みだし、数日後にはしっかり鼻風邪。定番コースです。雨の中、ワクチン打ちに、わざわざ雑踏へ行って風邪ひいた。笑ってしまいます。そうそう、薬が切れたので、近くのスーパーでベンザブロックS(鼻用)60錠入りを購入。1400円くらいだったかな。非常に安く買えました。これで来年も安心です。

やっぱ、スマホ、必要かなあ。価格体系おちついたら考えるか。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/1996

コメントする

アーカイブ