「三国志談義」安野光雅 半藤一利

| コメント(0) | トラックバック(0)
平凡社 ★★★
sangokusidangi.jpg
達者でちょっと俗っぽい部分もあわせもつ二人が、酒でも呑みながら他愛なくしゃべくっている。ま、そんな雰囲気の一冊です。中身はようするに「三国志演技」についてのアレコレ。

だいたい誰でも考えるようなことが多いです。曹操は好きなんだけど演技ではずいぶん叩かれて損してるとか、張飛は当然として関羽だってけっこう難のある奴だよねとか、それでも冒頭の桃の花の下、義兄弟の契りは泣けるとか。

どこかの講評サイトで「知識が浅い!」とかお叱りの意見もみましたが、オヤジが二人、適当にだべってるだけのことです。目をつり上げるものでもない。そういえば美女貂蝉。四大美人ともいわれているそうですが、たかが董卓を殺すために身を犠牲にしてしまうのはは惜しい・・・・はい「惜しい」というのがオヤジの困った感覚です。じゃどうすればいいんだというと、それは誌面じゃ無理。

談義は別として安野光雅の絵はやはりいいですね。何点か巻頭で紹介されていました。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2013

コメントする

アーカイブ