OCNバーチャルコネクト

| コメント(0) | トラックバック(0)
IPv6になって多少は速くなるかと思ったら、ぜんぜん変化なし。うーん。

念のためにNEC Atermルータのページで確認すると、なんか書かれていることと少し違う。いちおうIPv6にはなってるんですけどね。しかしIPv4通信をIPv6とパックにしてしまう「IPv4 over IPv6」ではない気もする。

どうやらこのパックの作り方、いわば「偽装」を実現する方法・規格がいくつかあって(初めて知った)、それぞれ大手の通信会社が技術開発・提供している。たとえば「transix」という方法はIIJ(黎明期のプロバイダとして有名だった)なんかの系列かな。「OCNバーチャルコネクト」はNTTコミュニケーションズ。「IPv6オプション」はBiglobeとか。たくさんある。

atermwg1200.jpgで、契約しているPlalaの場合「ぷららv6エクスプレス」と称している。しかしその中身は「OCNバーチャルコネクト」らしい。このあたりがややこしいですね。理解するまでかなり時間がかかった。

結局、ルータを再起動させて回線を自動認識させるのが最善みたいで、いろいろトライした結果は「OCNバーチャルコネクト」と認識。立派なIPv4 over IPv6環境です、たぶん。

しかし回線速度のテストをすると従前と変わらず、だいたい32~34Mbps。とくに不便はないけど、不思議。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2020

コメントする

アーカイブ