Canon LBP6240ss

| コメント(0) | トラックバック(0)
9年使ってきたモノクロのレーザプリンタ(Canon LBP6200)、しばらく前から一部カスレ(汚れ)が出るようになっていたのが、どんどん悪化。クリーニングかけたら一瞬復活したけど、これがカンフルの逆ダメージになったのか、いきなり全面カスレ状態におちいって、オシマイ。

lbp6240.jpg前から次はカラーレーザにしようと思っていたんですよね。候補はSatera LBP621C。昔はン十万だったはずのカラーレーザプリンタが、なんと2万円強まで下げてきた。買わない手はないと思ったんだけど、いざネットを探してみるとどこの店舗も「在庫切れ」「入荷待ち」です。コロナの影響かな。中国から入ってこなくなったのか。

悩んだ末に、モノクロレーザで妥協しました。新機種はLBP6240SS。末尾のSSは販売キャンペーン用のツケタシらしく、本体はLBP6240です、たぶん。

有線および無線で接続可能。外見は古いLBP6200とそっくりなので、たぶん基本設計は同一の改良版みたいなものでしょう。2014年に発売の機種です。

ということで購入。アマゾンですが販売業者はアキバの店らしい。割引もあって1万1781円でした。安くなったなあ。下手にトナーカットリッジ買うくらいなら、新品交換のほうが賢いです。(ちなみに旧・LBP6200の純正カートリッジは6000円くらい)

インストールはけっこう手間取りました。単純にドライバー入れれば・・・とやったら何故かうまく繋がらない。無線でいったん繋げたはずがダメで、仕方なく有線にしてみて、これもけっこう苦戦。仕切り直し。今度はマニュアル通りに愚直にすすめていって、ようやく繋がりました。

思い込みはいけない。謙虚・基本が大切ですね。

無線接続のつもりが結果的に有線ネットワーク
になった。でも、ま、どっちにしてもUSB接続からは解放されたわけで、もう本体の電源が入っているかどうかを気にせず、自由に子機から印刷できます。これでまた10年くらいは持つかな。よほどすることがなくて退屈したら、また無線接続にトライするかもしれませんが。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2038

コメントする

アーカイブ

このブログ記事について

このページは、kazが2020年4月 4日 12:24に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「「漂流」吉村昭」です。

次のブログ記事は「スーパームーン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

OpenID対応しています OpenIDについて