アフリカ(東部)の一人当たりの名目GDP

| コメント(0) | トラックバック(0)
ポール・セローの「ダーク・スター・サファリ」で、当時のアフリカ東部諸国の名目GDPを紹介しました。
で、その後はどうなったか。2018年のデータがあったので転記します。

意外だったのは南アフリカが伸びていないこと。表にはないですが、ボツワナ(7973ドル 成功例としてよくあげられる国です)にも負けています。エジプトも転落していますね。
またフランシス・フクヤマの「政治の衰退」ではケニアと比してタンザニアを大きく評価していましたが、意外や意外。こうした国家ではたまたまどんな男が大統領になるかで、ガラリと変わる。ケニアが宿痾を克服したのかタンザニアが失敗しかのか。

ジンバブエが意外に伸びているのも意外でした。昔は豊かな国家でしたが、たしか白人地主を追い出して一気に没落した。悲惨な感じだったのに、もちなおしている。機会があったら調べてみたい気もします。

 2010年  2018年
・エジプト(2,771ドル 中所得国)   2573ドル
・スーダン(1,642ドル 低所得国)   817ドル
・エチオピア(364ドル 貧困国)   853ドル
・ケニア(887ドル 貧困国)  1831ドル
・ウガンダ(503ドル 貧困国)   724ドル
・タンザニア(542ドル 貧困国)  1040ドル
・マラウイ(354ドル 貧困国)   350ドル
・モザンピーク(473ドル 貧困国)   475ドル
・ジンバブエ(457ドル 貧困国)  1434ドル
・南アフリカ(7,100ドル 中進国)  6354ドル

データは出典によって多少の誤差あり。だいたい正しい程度と見るのが妥当? 2018年の数字はたぶんIMF、2010年は確か経産省データ。
ジンバブエ= 軍のクーデタがあり37年にわたるムガベ政権は幕を閉じたらしい。それで多少は良くなったんでしょうかね。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2061

コメントする

アーカイブ