新政府モデルの発表 (ウソ)

| コメント(0) | トラックバック(0)
「虚構新聞」というサイトがあります。ウソ新聞。かなりの老舗で、知ってる人も多いでしょう。私も時々、気が向くとのぞいていました。

それがなぜなんだろう。最近つまらない。主筆(たしか滋賀か福井あたりの人と記憶)のセンスが衰えたんだろうか。トシかな。

ふと、思いつきました。そうではない。最近は「現実」が虚構にせまっているんだ。現実がほとんど追いついてしまっている。だから、以前は面白いと感じたウソ記事が、今ではおかしくもない。まったく新鮮を感じない。

たとえば最新の記事。

「まだ黄信号」 政府版信号モデル、赤まで中間256色配置

新型コロナ警戒をよびかける政府モデルの発表があったようで、赤黄青のシンプルな従来の3色ではなく、256色の中間色をもうけるという斬新独自の信号モデルです。この新モデルなら、限りなく赤くても、わずかでも黄色がまじっていれば「まだ赤ではない」と言い張れる

面白いはずなんですが、でも、これ、ほとんど現実ですよね。「まっかな嘘」と笑っていられるか。ウソ記事を笑えない時代になってしまったらしい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2062

コメントする

アーカイブ