20H2 クリーンインストール

| コメント(0) | トラックバック(0)
懸案のWindows10 20H2バージョンのクリーンインストールを実行しました。なんとか上書きインストールで(これなら設定が変わらない)お茶を濁せないかと思ってましたが、もう何年もそうやって誤魔化し続けてきた。そろそろスッキリ清算しないといけない。覚悟しました。

完全なクリーンインストールです。事前にいろいろ準備が必要。これで大丈夫だろう・・と、USB格納の20H2バージョンからインストールです。前の環境を「まったく引き継がない」というモードです。

半分ほどいったところで、美しくないユーザー名のマイクロソフトアカンウトが気に入らなくなり、ローカルアカンウトの別ユーザーを作成。うーん、案の定で、今までインストールしたアプリが全部消えている。こっそりインストールソフトを隣からコピーする方法もあるらしいけど、いやいや、新生活はやはりスッキリ始めたい。

ということで、もう一度クリーンインストール。なんやかんや、1日では終わらず、翌日までしっかり引きずってしまいました。で、Skyrim(ゲームです)をのぞいて、ほぼ完了。SkyrimはSteam () が絡むので、ちょっと後回しですね。Steamの登録ってどうやるんだったか。けっこう複雑だった記憶がある。

まだしっかり試していませんが、起動時間が劇的にかわりました。電源オンからサインイン画面になるまでの時間は

・前の1909バージョン → 35秒
・無理やり上書きの20H2バージョン → 130秒
・20H2のクリーンインストール → 21秒


もちろん130秒というのはトラブってる状態ですね。35秒から21秒が実質変化で、この激変の間には8年ぶり、システムの一新があります。Ryzen 5 3600に換装。これからイジイジと環境を整えていきますか。実はまだファイル共有がうまくいっていないです。

主としてゲーム関連。世界的なネット販売会社です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2106

コメントする

アーカイブ