Core Performance Boost と CPU温度

| コメント(0) | トラックバック(0)
新システム、特に問題はないのですが、ひとつ気に入らないのはCPUファンの音が頻繁に変動すること。SCYTHEの「白虎 弐」というクーラー、けっこう良質な感じで決して大きなファン音ではない。しかし回転音が高くなったり低くなったり終始うねるわけです。ずーっと聞いていると、すぐ横のデスクトップなのであんがい気にかかる。

どうにかならないのか。

調べてみました。CPUの電圧を下げる、ファン回転を可変ではなく一定にする、いろいろ方法はありそうでしたが、やってみて損のなさそうなのは「core performance boostを無効にする」という方法。たぶん要求される仕事量が多くなると、定格電圧を超えて一時的に電圧上げてフル稼働させる。そんなモードなんでしょうね。BIOSにそんな項目があるらしい。で、これを切る。

BIOSに入って探してみました。発見できず。しかし「search」というタグがあったので、ここで検索をかけてみたらヒットしました。で、出てきた「core performance boost」を「disable」にする。

みごと成功。最小時の音量は多少大きくなったのかもしれませんが、神経質にアクセルふかしたりブレーキ踏んだりが少なくなった感じ。ファン音もほぼ一定に落ち着いています。

coreboost.jpgCPU温度の変化は上図のとおりです。温度が平均化した。非常に満足しています。


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.min6.com/mt/mt-tb.cgi/2116

コメントする

アーカイブ